/

この記事は会員限定です

ミュシャの絵を堺緞通に 手織りつなぐ刑務所

[有料会員限定]

JR堺市駅近くに「堺 アルフォンス・ミュシャ館」(堺市堺区)という美術館がある。19世紀末~20世紀初頭のパリで活躍したアール・ヌーボーを代表する芸術家、ミュシャ(1860~1939年)の作品約500点を所蔵している。

なぜ堺市に?という疑問が浮かぶが、作品の大半はカメラ量販店「カメラのドイ」の創業者、土居君雄氏(1926~90年)が収集し、94年に遺族が寄贈したものだ。複数の自治体が手を挙げるな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン