/

この記事は会員限定です

JR西日本の地方路線、岐路に 「ポスト鉄道」模索

[有料会員限定]

JR西日本の地方路線が新型コロナウイルス禍で岐路に立っている。業績が低迷するなかでコスト削減策は限られつつあり、同社は利用者の少ない路線の収支公表により鉄道の「次」を見据えた議論を進めたい考え。廃線に対する自治体の警戒感は強いが、地方の実情に合った交通体系を探る動きが生まれつつある。

富山県の日本海に面した氷見線の越中国分駅(同県高岡市)。4月下旬の午前9時台に利用した人は1~2人だけだった。同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン