/

この記事は会員限定です

関西でアリーナ整備相次ぐ スポーツ、音楽で活性化期待

[有料会員限定]

関西でプロスポーツや音楽イベントの誘致につながるアリーナの整備が相次いでいる。大阪府は西日本最大級のアリーナを万博記念公園(大阪府吹田市)で2027年秋開業を目指す。神戸市や京都市でも収容人数1万人規模の整備計画が進む。地域と民間企業が幅広く運営に関わる施設になる見通しで、周辺開発を含む街づくりの新たな核として期待を集める。

「吹田アリーナ」(名称未定)の最大収容人数は、大阪城ホール(大阪市、1万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン