/

この記事は会員限定です

パナソニック、EV電池エネルギー密度25%増  30年にも

[有料会員限定]

パナソニックは2030年までに電気自動車(EV)用電池のエネルギー密度を1リットルあたり1000ワット時と現状より約25%増やす。電極の材料を変えるなどし、同じサイズの電池により多くの電気をためられるようにする。強みとする高容量電池の競争力を高め、最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)など競合に対抗する。

電池事業を手がけるエナジー社の渡辺庄一郎副社長が26日明らかにした。体積あたりのエネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン