/

この記事は会員限定です

パナソニック、30年にCO2排出ゼロ 「環境」成長の柱に

(更新) [有料会員限定]

パナソニックが「環境」を軸とした成長戦略を打ち出した。6月に社長に就任する楠見雄規最高経営責任者(CEO)は27日、2030年に事業活動に伴う二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにする方針を明らかにした。事業拠点への燃料電池の導入や買収する米社のソフトウエアを利用した「ムダ」排除による環境対応を全社で進め、社外にも製品やノウハウを販売する。世界が環境対応に向かう中、環境ビジネスを新しい成長の柱に据えて長期にわた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン