/

この記事は会員限定です

大阪IR、国際競争力・依存症対策など焦点  国が審査へ

[有料会員限定]

大阪府と大阪市は誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)の区域整備計画を国に提出したと27日発表した。IRの申請まで至った自治体は他に長崎県のみだ。提出に伴い、国が国際競争力などを審査する。

同日、吉村洋文大阪府知事は記者会見で「大阪経済の大きな原動力になる」と強調した。大阪IRは米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスのほか関西企業20社が運営、2029年秋~冬の開業を目指す。提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン