/

滋賀、スマホで手続き案内や電子申請 県と市町で共通に

滋賀県は住民向けの手続きガイドや電子申請などで、スマートフォンを使ったシステムを県内の市町と共通にする。一部の機能をすでに導入し、順次広げる。共通化により導入コストを1~3割削減する。同県によると、県と市町がこうしたシステムを共同調達するのは全国初という。

3つのシステムを共通にする。手続きガイドは、転入や転出、結婚などの際に必要な手続きを把握できる。電子申請は住民票の写しの請求などで手数料をキャッシュレスで支払え、新型コロナウイルス禍による補助金などの申請にも使う。

行政手続き効率化サービスのグラファー(東京・渋谷)と契約する。それぞれ滋賀県と9市、5市が導入する。

総合行政ネットワーク(LGWAN)で使える自治体間のビジネスチャットも、県と11市町で導入する。庁内のパソコンや職員の個人スマホを使って、迅速にやり取りができる。IT(情報技術)企業のトラストバンク(東京・渋谷)から調達した。滋賀県の2021年度の3システムの使用料は計1900万円になるという。

今回のシステム共通化では20年10月から滋賀県と大津市など3市が実証実験に取り組んできた。県は県内の全19市町に共通化を呼びかける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン