/

アトピー検査をコロナ重症化予測に 塩野義が承認申請

塩野義製薬は26日、アトピー性皮膚炎向けの検査キットを、新型コロナウイルス患者の重症化の予測補助に使えるよう厚生労働省に承認申請したと発表した。医療体制が逼迫するなか、療養者の重症化リスクを見極め、病院での治療が必要かどうかの判断に役立てる。

検査キットは血液中の生理活性物質「TARC」の濃度を計る。国立国際医療研究センター(東京・新宿)の臨床研究では、重症化する新型コロナ患者は初期の軽症時からTARCの値が低いことが確認されている。

感染拡大に伴い医療機関や宿泊施設での療養者は増えており、医療従事者は患者を継続的に観察する必要がある。高リスクの患者を識別しリスクの低い患者は自宅療養に振り分けることができれば、医療従事者の負担軽減につながる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン