/

この記事は会員限定です

日本電産、イタリアの工作機械買収へ EV関連に次ぐ柱に

(更新) [有料会員限定]

日本電産はイタリアの工作機械メーカー、PAMAを買収する方針を固めた。買収金額は150億円程度とみられる。2021年に三菱重工業のグループ企業を買収して参入した工作機械事業で、初めて海外メーカーのM&A(合併・買収)に動く。欧州に販路を拡大する狙いだ。工作機械事業を電気自動車(EV)の駆動装置に次ぐ成長の柱に据える。

PAMAは1926年創業の老舗メーカーで、イタリア北部のトレンティノ・アルトア

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません