/

この記事は会員限定です

笑顔も輝く足元のオシャレ 障害ある若者らの挑戦支え

現場探究

[有料会員限定]

メリメリメリッ。黒い革靴のソールをはがす音が静かな店内に響く。すり減ったヒールの交換、こびりついた古い接着剤のはぎ取り、乾いた布でピカピカに磨く仕上げ作業……。黙々と仕事に打ち込む職人の額には汗が浮かぶ。

市役所やオフィスビルが立ち並ぶ京都・御池通沿いに小さな靴磨き・修理専門店がある。その名も「革靴をはいた猫」。職人には知的障害や発達障害のある若者も採用し、社長の魚見航大さん(28)は「一緒に挑...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン