/

上新電機、28日から追加で休業へ 家電店も休業や時短

新型コロナウイルスの感染拡大で大阪、兵庫、京都の3府県で緊急事態宣言が発令されたことを受け、関西の家電量販店は相次いで臨時休業や営業時間の短縮を打ち出した。

上新電機は28日から5月11日まで大阪府内の26店舗を臨時休業する。大型商業施設内の店舗についてはすでに25日から休業しているケースがあり、追加で休業を決めた。神戸市内の店舗「三宮1ばん館」も同様に休業の措置を取る。

一方、兵庫県内の他の店舗や京都府内の店舗は一部を除き、当面は営業を続け、閉店時間を約30分~1時間繰り上げる。担当者は「各自治体の基準が異なるため、それぞれの要請に合わせて判断した」とし、「いきなり店が閉まると消費者が混乱しかねないので、単独店については2~3日の『猶予』を設けた」と説明する。

エディオンは25日から兵庫県内の全店舗を臨時休業にした。大阪府内の店舗も「エディオン心斎橋店」(大阪市)と「エディオン道頓堀店」(同)を除き休業した。京都府内の既存店は商業施設で展開する店舗を除き、閉店を30分~1時間早める。新商業施設「京都河原町ガーデン」(京都市)に入居予定の「京都四条河原町店」は、施設の開業延期に伴い、29日のオープンを延期する。

最大手のヤマダホールディングス(HD)も大阪府内の19店舗を休業する。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン