/

関西各地で厳しい暑さ 兵庫・豊岡は3日連続で猛暑日

(更新)

関西地方では26日、全国で猛烈な暑さに見舞われた前日に続き、各地で30度以上を観測した。気象庁によると、兵庫県豊岡市で35.6度を観測し3日連続の猛暑日となった。このほか京都府宮津市で34.7度、滋賀県彦根市で33.9度、大阪市と堺市で31.5度となるなど、厳しい暑さとなった。同庁は熱中症への注意を呼びかけている。

大阪市北区の繁華街・梅田では強い日差しの下、日傘を差したり、汗をぬぐったりする買い物客らの姿が目立った。

同区の噴水のある広場で長男(4)を遊ばせていた自営業の男性(40)は「こんなに暑くなるとは思わなかった」。熱中症対策に気を使いつつ、周囲に人が増えてきたらマスクを着けさせているといい「熱中症と新型コロナウイルス対策のバランスを取るのが大変だ」と話した。

気象庁によると、西日本や東日本で26日、北日本では27日にかけ大気の状態が非常に不安定になるとして、落雷や竜巻、局地的な激しい雨などへの警戒を促している。26日は午前中に和歌山県串本町で1時間に41.5ミリの激しい雨を観測した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン