/

台風8号、本州方面へ 大雨や暴風に警戒呼び掛け

(更新)

台風8号は26日、日本の東の海上を北寄りに進んだ。27日には東北から東日本に接近し、上陸する恐れがある。気象庁は大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要だ。

気象庁によると、27日正午までの24時間予想雨量は多い場所で東北150ミリ、関東甲信100ミリ、北陸70ミリ。その後の24時間は東北、関東甲信、北陸で100~150ミリ。27日までに予想される東北と関東甲信の最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)で、波の高さはそれぞれ6メートル。

台風8号は26日午前9時現在、日本の東の海上を時速約35キロで北北西へ進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の南東側600キロ以内と北西側390キロ以内は風速15メートル以上の強風域。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン