/

関空の7月の国際線旅客数、2年4カ月ぶり10万人超え

関西3空港を運営する関西エアポートが25日発表した7月の関西国際空港の国際線旅客数は、前年同月比4.6倍の10万3021人だった。国際線旅客数が10万人を超えたのは2020年3月以来、2年4カ月ぶり。6月の入国者数の上限引き上げや外国人観光客の団体ツアー受け入れ再開などで入国者数が増えた。

関空、大阪国際(伊丹)空港、神戸空港の3空港を合わせた国内線旅客数は前年同月比1.8倍の182万8972人。行動制限の緩和で外出する人が増え、新型コロナウイルス禍前の19年7月と比べて約8割まで回復した。伊丹空港では国内線旅客数が2年5カ月ぶりに100万人を超えた。

関西セクショントップページはこちら

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません