/

ENEOS、和歌山製油所「停止後」の検討開始

ENEOSホールディングスは25日、2023年10月をめどに操業を停止すると発表した和歌山製油所(和歌山県有田市)の「今後の在り方に関する検討会」を立ち上げた。同社の大田勝幸社長が和歌山県の仁坂吉伸知事に提案していたもので、初回は有田市長や海南市長、資源エネルギー庁資源・燃料部長、近畿経済産業局長らが来賓としてあいさつした。

冒頭、主催者としてENEOS総務部の佐藤由理部長が「既に社内ではアイデア出しと検討を進めていた。これを皮切りに検討を加速させる」とあいさつした。具体的にはバイオマス発電やミカンの搾りかすを使うバイオエタノール製造などが挙がっているという。また「敷地は約250万平方メートルと大きく、単独活用だけでなく企業誘致も考えたい」と述べた。

立地自治体の望月良男有田市長は、「まずは今の(製油所の)安全操業をお願いしたい」とあいさつ。その上で、「未来への一筋の希望となるような会であるように」と期待を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン