/

この記事は会員限定です

JR西日本、鉄道「9割回復」の強気 透ける弱い収益基盤

泉洸希

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

JR西日本が鉄道収入の回復に強気の見通しを示している。遅くとも2022年2月末には新型コロナウイルス禍前の9割に戻る計画で、8割ほどのJR東日本JR東海を上回る。新たな変異型「オミクロン型」という不安材料が表れるなか、回復の早さを期待する裏側には、地域の人口減少や経済の停滞といった収益基盤の弱さがちらつく。

「足元の運輸収入はGo To キャンペーンがあった昨年10月と同程度に回復している。政府の新たな需要喚起策は利用を加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1851文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン