/

この記事は会員限定です

阪大と大阪公立大の前身、過去に敷地交換 国と府交渉

とことん調査隊

[有料会員限定]

4月1日、国内最大の公立大学、大阪公立大学が発足した。その前身の一つ、旧大阪府立大学は戦後、堺市にあった国の教育機関を母体に生まれた。府が代わりに差し出した北摂の地は大阪大学となった。国と府のキャンパス交換の背景には、府内の「最高学府」を巡る様々な人々の思惑と奮闘があった。

「日本一の大学をつくる」。1947年、初の知事選で選ばれた大阪府の赤間文三知事は、府立の新制総合大学設立を悲願に掲げた。当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン