/

崖上から民家4軒崩落 大阪・西成、けが人なし

(更新)

25日午前、大阪市西成区天下茶屋東2の住宅街の崖が崩れ、その上にあった民家4軒が相次いで数メートル下に落ちた。大阪府警によると、けが人はいない。もう1軒崩落しそうな民家があり、松井一郎市長は同日、周辺道路を管理する立場から、所有者と話し合い26日までに撤去したいとの意向を示した。

松井氏は「雨の影響でさらに地盤が緩むと危険で交通インフラにも影響が及ぶ。居住者には公営住宅を紹介したい」と市役所で記者団に述べた。

府警によると、民家は2軒続きの2棟で、午前7時半ごろと10時半ごろに相次いで落ちた。1棟目の住人は家がきしむ音を聞き逃げて無事だった。2棟目は留守だった。

最初に崩れ落ちた民家の近くで水漏れがあったことに異変を感じた近隣住民がパトロール中の警察官に相談。警察官が周辺に避難を呼び掛けていた。崖の下で老人ホームの建設工事が行われていたとの情報があり、府警などが関連を調べる。

現場は日本一高いビル「あべのハルカス」やJR天王寺駅の南西約1キロ。市によると、現場は土砂災害警戒区域などには指定されていない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン