/

この記事は会員限定です

神戸市、コロナ病床不足で患者の在宅医療強化

[有料会員限定]

神戸市が新型コロナウイルス患者の在宅医療強化に乗り出した。コロナ専用病床の逼迫で入院治療が困難となるなか、神戸市立医療センター中央市民病院の医師が入院待機中の中等症患者宅を訪問して投薬する治療を開始。市内の民間医療機関も中等症や軽症の患者に対する在宅医療を拡充する。病床不足が深刻な東京都や大阪府などでも同様の取り組みが始まっている。

中央市民病院は27日までに、血中酸素濃度が80%台という重症に近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン