/

この記事は会員限定です

元中国商務次官「脱グローバル化にNO」保護主義を批判

アジアの未来

(更新) [有料会員限定]

中国の易小準・元商務次官は26日午後、第27回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)でオンライン講演した。各国で保護主義が広がっているなか「アジアは開放と経済融合で脱グローバル化にノーを唱えている」と指摘し、貿易自由化の重要性を説いた。

易氏は2021年まで世界貿易機関(WTO)の事務局次長を務めた。米国などを念頭に、保護主義の性格が強い政策が各国でとられていると批判したうえで、「W...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アジアの未来

日本経済新聞社は5月26、27日の両日、「分断された世界をつなぐ、アジアの新たな役割」をテーマに第27回国際交流会議「アジアの未来」を都内で開催します。会場参加に加え、オンラインでの聴講も可能です。

第27回 開催概要

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン