/

「知らんけど」「半導体産業の原点」 2021読まれた記事

関西タイムラインBEST5

2021年に公開された500本超の関西タイムラインの記事で、最も読まれたものは? ベスト5を調べたところ、コラム「とことん調査隊」が占めました。さりげないけど意味深い関西の言葉遣い、半導体関連産業の発展を支えた明治期以来の地場産業など「言われてみれば……」と感じさせる身近なテーマがよく読まれました。

1位 関西弁、最後に「知らんけど」 笑い絡ませ表現に奥行き

記事が話題となりSNS(交流サイト)でも拡散し、21年で最も読まれました。テレビのバラエティー番組でも取り上げられ、ツイッター上では関西以外での「知らん」の活用法なども話題になりました。…続きを読む

2位 日本が強い半導体材料、原点は繊維の染料

供給不足が深刻化した半導体への関心が高まるなか、明治時代に勃興した関西の繊維産業が半導体材料の原点だったと分析。中小企業が奮闘してきた産業史に光を当てました。…続きを読む

3位 大阪市の車ナンバー、なぜ「なにわ」?

大阪府内に住む人なら一度は頭に浮かんだことがある疑問に迫りました。近年増加中の「ご当地ナンバー」のはしりとも言える「なにわナンバー」に改めて注目が集まりました。…続きを読む

4位 和歌山のパンダ、なぜ子だくさん?

2021年6月に東京の上野動物園で双子の赤ちゃんが生まれたことで関心を集めたパンダ。ならば関西は…ということで和歌山県のアドベンチャーワールドのパンダファミリーを紹介しました。…続きを読む

5位 落語の「江戸」「上方」 似て非なる?

大阪の寄席の上方落語は、題名が東京の古典落語と一緒なのにオチが違うことあがる? 東西の落語を比較すると鮮明になる違いと背景を探りました。…続きを読む

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン