/

塩野義、ベトナムとコロナ対策で基本合意 技術移管など

塩野義製薬は25日、ベトナム保健省と新型コロナウイルスなどの感染症対策での連携について基本合意したと発表した。塩野義が開発中の新型コロナワクチンと飲み薬の臨床試験(治験)をベトナムで進めるほか、ワクチンの製造技術移管に向けて具体的な協議に入る。

塩野義は飲み薬について2021年中の承認申請を目指しており、9月末から国内で最終段階の治験を始めた。ただ、感染者数の大幅な減少で日本だけでは参加者を集めるのが難しくなったため、海外でも実施する方針。ベトナムでも準備を進めている。

ワクチンは11月中にも最終段階の治験を始める。ベトナムなど複数の国で数万人を対象にプラセボ(偽薬)と効果を比較する。22年3月までの実用化をめざす。ベトナムでは感染の再拡大で1日の新規感染者数は1万人を超えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン