/

この記事は会員限定です

関西電力、30年までに全車両EVなどに 脱炭素急ピッチ

[有料会員限定]

関西電力はグループ全体で保有する5000台以上の社用車について、2030年をめどに全て電気自動車(EV)やハイブリッド車にする。大規模なEV運用の経験をもとに無線給電やエネルギーマネジメントなどの知見も蓄える。さらに自社の発電事業における再生可能エネルギー電源の開発目標を引き上げる。

高所作業車などEVなどへの代替が難しい特殊車両をのぞき、営業車など一般的な自動車を全て電動にする。

例えば、グル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り468文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン