/

三井住友銀と立命館、起業支援で産学連携

三井住友銀行は25日、学校法人立命館と産学連携協定を結んだと発表した。立命館が運営する大学や付属校における起業家育成や創業の支援を中心に5つの業務で連携。関西での大学発ベンチャーの創出を加速する。

立命館は「立命館起業・事業化推進室」を今月開設しており、研究成果に基づくシーズ型ベンチャー企業の創出や起業家の育成を強化する。三井住友銀は新規事業に対する助言やビジネスマッチングに取り組むほか、学生への起業家教育なども支援する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン