/

H2O、不動産売却益33億円 23年10~12月期に計上

エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は24日、傘下の阪急阪神百貨店が保有する大阪市内の配送センターの土地を売却すると発表した。譲渡相手や金額は非公表だが、約33億円の売却益を計上する見通し。譲渡は2023年12月下旬の予定で、23年10~12月期に固定資産売却益を特別利益として計上する計画だ。

H2Oは24年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画で、店舗以外の不動産を中心に15程度の物件を売却する方針を示していた。今年9月にも別の不動産の売却を発表するなど、資産効率の向上を進めている。

不動産の売却によって合計で約300億円の売却益を見込んでいる。持ち合い株式の解消も進め、得た資金は神戸阪急(神戸市)の改装などの成長投資に充てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン