/

この記事は会員限定です

パナソニック、持ち株化後の経営体制 事業トップ順当に

[有料会員限定]

パナソニックは24日、4月に実施する持ち株会社化後の役員体制を発表した。持ち株会社の専務執行役員、常務執行役員は廃止し、執行役員にまとめる。事業会社社長には、現在事業部門を率いる幹部が順当に就く。事業会社には大幅に拡大される給与体系や投資などの権限を得て、経営スピードを速めることが求められる。

最大の事業会社となる、家電や電材事業を率いる新・パナソニックの社長には、品田正弘氏が就く。米ブルーヨン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン