/

この記事は会員限定です

京都銀行、外債損切りも最高益 滋賀銀行は預貸率カギ

関西地銀の通知表 22年4~9月

[有料会員限定]

京都銀行の2022年4~9月期(単体)の経常利益や税引き利益は過去最高となった。土井伸宏頭取は「決算よりも(J1京都の)サンガが残留したことがうれしい」と、土壇場を乗り切った地元のプロサッカーチームを引き合いに謙遜したが、資金利益や役務取引等利益など本業も好調だった。

満期保有を目的としない有価証券の含み益(9月末)は7566億円と、他の地銀を圧倒する規模だ。「京都銘柄」の日本電産村田製作所な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません