/

映えスポ 飛行神社

京都府八幡市

飛行神社は日本で初めて動力を持つ飛行機を発明した二宮忠八によって、1915年に創建された。自衛隊や国土交通省、ロケットの開発会社の関係者らが空の安全の祈願に訪れる。飛行機の柄が入った手水鉢(ちょうずばち)や機体を連想させるステンレス製の鳥居が、航空ファンの心をつかむ。併設する資料館では二宮の功績を紹介すると共に、寄贈品も展示。約1000機の飛行機のプラモデルは圧巻だ。(苅野聡祐)

「NIKKEI関西」インスタグラムでも

https://www.instagram.com/nikkeikansai/?n_cid=SNSIG0

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン