/

ミズノ、最適な靴提案へ歩き方診断 4タイプに分類

ミズノは24日、来店客に最適なシューズを提案するため、歩き方を診断するサービスを直営店で始めると発表した。静止状態で腰や膝などを撮影後、専用アプリで分析し、4タイプに分類する。測定器の前で8メートル歩いてもらい、歩行速度や歩幅も可視化できる。国内のスポーツ用品市場が成熟するなか、高齢化などで高まる健康需要を取り込む。

ミズノオオサカ茶屋町(大阪市)とMIZUNO TOKYO(ミズノトウキョウ、東京・千代田)で始める。サービスは無料で利用できる。他店舗への展開も計画する。

大阪府立大学の岩田晃教授との共同研究に基づき、骨盤や膝の傾きなどから立ち姿勢を4タイプに分ける。姿勢によって「膝で体を持ち上げて歩く」「股関節と足首で地面を蹴って歩く」といった歩き方に違いが出るという。来店客に最適なシューズや健康器具を勧め、購入を促す狙いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン