/

舞台美術のマジック 文楽支える職人の筆さばき

LBSローカルビジネスサテライト

スッスッス――。床に寝かせた板に職人が墨をつけた筆を走らせると、のっぺりした平面にたちまち立体感が表れる。中腰の姿勢で横に移動しながら次々に線を引いていくと横幅数メートルのベージュの板が瞬く間にわらぶき屋根に変身した。一見無造作に引かれた墨の跡は、近くで見ても何を描いているのかわからない。しかし、何歩か離れてみると筆のかすれや揺れが自然なわらに見えてくる。「観客席からどう見えるかがすべて」と文楽の大道具製作を手掛ける関西舞台(大阪市)の岡本義秀社長。舞台美術ならではのマジックだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン