/

簑助さん、観客魅了し引退 人間国宝の人形遣い

人形浄瑠璃文楽の人形遣いの第一人者で人間国宝の吉田簑助さん(87)が24日、国立文楽劇場(大阪市)で現役最後の公演を務め、引退した。華麗な手さばきで観客を魅了し、約80年に及ぶ舞台人生を締めくくった。

引退公演を終え、三味線の鶴沢清治さん㊨から花束を贈られる吉田簑助さん(24日午後、大阪市中央区の国立文楽劇場)

同劇場の4月公演は25日が千秋楽の予定だったが、新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令で同日の公演が中止となり、吉田さんの引退は24日に前倒しになった。

吉田さんは「国性爺合戦」の「楼門の段」に出演。幼少時に生き別れた父親と再会する女性「錦祥女」の人形を細やかに動かし、その思いを繊細に表現すると、客席から盛大な拍手が送られた。

吉田さんは出番の後、舞台から観客にあいさつ。弟子の桐竹勘十郎さん(68)が「長い年月ずっと見続けて下さって、本当にありがとうございました。コロナが終息し、以前通り公演ができることを切に願います」と代読した後、三味線の人間国宝、鶴沢清治さん(75)から花束を渡され、吉田さんは感極まった様子で目を潤ませた。

吉田さんは1940年、吉田文五郎に入門し、61年に吉田簑助を襲名。女形で高い評価を獲得し、華やかで情感のある芸で文楽の人気を広げた。98年、脳出血で倒れたが、翌99年に舞台に復帰。今月15日、「持てる力の全てを出し尽くしました」と引退を発表していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン