/

この記事は会員限定です

CO2を使え、逆転の発想 日立造船は燃料に

[有料会員限定]

関西企業が二酸化炭素(CO2)を削減するだけではなく活用し始めた。日立造船はCO2を燃料として使えるメタンに変え、積水化学工業は化学品の原料に変える。逆転の発想でグリーントランスフォーメーション(GX=緑転)をけん引する。

神奈川県にある小田原市環境事業センターのごみ焼却施設。そのすぐ近くで日立造船が力を注ぐ「メタネーション」の装置の建設が進む。2022年春以降に稼働する予定で、ごみを燃やして出るガスに含まれるCO2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン