/

この記事は会員限定です

大阪・滋賀両知事、酒類提供容認方針 経済との両立探る

[有料会員限定]

大阪府の吉村洋文知事と滋賀県の三日月大造知事は24日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が30日で解除された場合、酒類提供を容認する方針を示した。吉村氏は、感染対策の基準を満たした場合に府が発行する「ゴールドステッカー」の認証店を対象とし、段階的に緩和していく考えを表明した。感染防止と経済活動の両立に向けた動きが本格化する。

大阪府は現在、府内全域の飲食店などに酒類提供停止、酒類提供しない場合は午後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン