/

この記事は会員限定です

大阪の飲食店、深まる苦境 時短要請半年も見えぬ平常化

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策として大阪市内の繁華街の飲食店に営業時間の短縮要請が出てから27日で半年。緊急事態宣言下では酒類を提供する店舗が休業要請の対象となり、苦境は一段と深まっている。飲食店の倒産は相次ぎ、金融機関の融資件数も急増。通常営業を再開できる時期はまだ見えず、経営者らの我慢は限界に近づいてきている。

飲食店の打撃は大きい。帝国データバンクによると、2020年4月~21年3月までの「コロナ関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン