/

この記事は会員限定です

関西自治体、「身の丈AI」で業務効率化 サービス向上も

データで読む地域再生 関西

[有料会員限定]

関西の自治体で人工知能(AI)の活用が進み始めた。2020年度までにAIを業務に導入している市区町村の割合は、和歌山県を除いた関西5府県で全国平均(21.6%)を上回った。導入する技術はあえて最先端のものではなく、使いやすさを重視した例が多く、着実に業務の効率化や住民サービスの向上につなげている。

「膨大な紙の束を見たときは絶望した」。京都府舞鶴市の総務部デジタル推進課課長・吉崎豊さんは振り返る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン