/

工藤会トップに死刑判決 福岡地裁、市民襲撃4事件

(更新)

特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関わったとされる一般市民襲撃4事件で、殺人と組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われた会トップの総裁、野村悟被告(74)に、福岡地裁(足立勉裁判長)は24日、求刑通り死刑判決を言い渡した。指定暴力団トップへの極刑適用は初めてとみられる。

直接証拠はなく、弁護側は全面的に無罪を主張したが、判決は、4事件全てで間接証拠から関与を認定できると判断。市民社会を恐怖にさらした組織のトップに対し、極めて厳しい刑事責任を負わせた。

ナンバー2の会長、田上不美夫被告(65)は無期懲役とした。両被告の弁護側は控訴する方針。

4事件は1998年の元漁協組合長射殺(殺人)、2012年の元福岡県警警部銃撃、13年の看護師襲撃、14年の歯科医襲撃(いずれも組織犯罪処罰法違反)。

判決は、元組合長射殺について、工藤会の上意下達の組織性などから「実行役との共謀は優に認められる」とし、漁協関連の利権を巡るトラブルを背景に挙げた。ほか3事件も「両被告が意思疎通した上で、野村被告が意思決定したと推認できる」とした。

その上で、野村被告が工藤会の組織力や指揮命令系統を利用し、田上被告も重要な役割を果たしたと指摘。元組合長射殺を「暴力団による市民殺害という極めて悪質で残虐な犯行だ」としたほか、相次ぐ襲撃による体感治安悪化といった社会的影響にも言及し、野村被告の極刑はやむを得ないと結論付けた。

一方で、元警部銃撃が工藤会の力を示し経済的利益を獲得する目的だったとする検察側主張を退け、田上被告に求刑されていた罰金2千万円は科さなかった。〔共同〕

工藤会 北九州市を拠点とする全国唯一の特定危険指定暴力団。福岡県では2000年前後から飲食店や建設会社の関係者らを狙った襲撃事件が相次ぎ、県警は14年9月から頂上作戦を展開、会トップの総裁野村悟被告らを逮捕した。組織は弱体化が進み、県内の構成員数はピークだった08年末の約730人から約220人(20年末)に減少。本部事務所は撤去され、跡地の所有権はNPO法人に移った。〔共同〕

判決の骨子


一、元漁協組合長射殺で会トップの野村悟、ナンバー2の田上不美夫両被告と実行役との共謀は優に認められる。ほか3事件も、両被告が意思疎通した上で野村被告が意思決定したと推認できる
一、野村被告は組織力や指揮命令系統を利用し、首謀者として関与した。組織犯罪としての重大性・悪質性は顕著だ
一、野村被告は死刑、田上被告は無期懲役〔共同〕

「あんた生涯後悔するぞ」 工藤会トップ、裁判長を威嚇

工藤会総裁、野村悟被告(74)は、判決言い渡し終了と同時に落ち着いた様子から一変。「公正な判断をお願いしたんだけど」「あんた、生涯後悔するぞ」。裁判長を突然威嚇し怒声を浴びせた。

午前10時ごろ、野村被告は一礼して入廷。傍聴席を見つめながらゆっくりと歩を進め、弁護団前の長いすに座った。

裁判長は判決理由で、市民襲撃4事件への関与を次々と認定。「極刑を回避する理由がない」と述べた場面では不満げな表情を浮かべた。

ともに審理され、無期懲役の判決が下った会長、田上不美夫被告(65)も退廷時、裁判長に「ひどいなあんた」と言い放った。

勾留期間が7年近い野村被告。関係者によると、体調面に変化はなく、判決前は「無罪で間違いない」と自信をのぞかせていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン