/

この記事は会員限定です

関西の伝統工芸士、後継者育成に仕掛け 紀州へら竿など

データで読む地域再生

[有料会員限定]

関西で伝統工芸士を育成する地道な取り組みが目立つ。2022年2月時点で関西6府県の伝統工芸士は5年前から192人減少したが、和歌山の「紀州へら竿(ざお)」は3人から10人に、京都の「京指物(さしもの)」も13人が16人に増加した。19年に伝統的工芸品に指定された大阪の「浪華(なにわ)本染め」は一気に8人が伝統工芸士になった。いずれも地元の手厚い支援が支えている。

「もう少し竹をあぶった方が真っす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1796文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン