/

この記事は会員限定です

大阪万博、台湾「一番の技術」展示 玉山デジタルテック

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)には台湾の貿易振興機構、台湾貿易センターが全額出資で設立した「日本企業」が民間パビリオンを出展する。21年10月に設立した玉山(たまやま)デジタルテック(東京・千代田)の陳英顕社長は日本経済新聞社の取材に対し「台湾の産業界、科学界から一番よいものを集め展示したい」と語った。

玉山デジタルテックの資本金は666万円。国際会議や見本市といった「MICE」の運営を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2025年 万博

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン