/

この記事は会員限定です

大和ハウス、データセンター開発投資を倍増 2000億円に

[有料会員限定]

大和ハウス工業はデータセンター開発投資を倍増する。2020年から1000億円を投じて千葉県印西市で国内最大級の施設の整備を進めているが、25年までに追加で1000億円を投じて首都圏で新たに6棟を開発する計画だ。クラウドサービスの利用拡大でデータセンターの需要が拡大しており、物流施設に次ぐ新たな成長分野と位置づける。

同社は20年にデータセンター事業に参入し、印西市で全14棟からなる施設を建設中。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン