/

この記事は会員限定です

水素はビーズにとじ込め運ぶ スタートアップのアトミス

[有料会員限定]

2050年に二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロを目指すなか、燃やしてもCO2を出さないエネルギーとして水素が注目されている。国内販売量トップの岩谷産業をはじめ、輸送や部品など独自の取り組みで水素社会の実現を支える企業が関西で光っている。

ラムネ菓子ほどの大きさの藍色のビーズをケースから1つ取り出すと、しばらくして鮮やかな水色に変わった。「空気中にある水の分子を吸い込んでいるんです」。京都大学発のス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1067文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン