/

日本電気硝子、5G対応のガラスアンテナを開発

日本電気硝子は23日、高速通信規格「5G」に対応するガラス素材のアンテナを開発したと発表した。ビルの窓や車のフロントガラスなどへの設置を想定する。減衰しやすい高周波数帯域の電波を効率よく送受信できるのが特徴。5Gで課題となっている通信エリア拡大に向けた需要を取り込む狙いで、商品化を急ぐ。

開発したアンテナは、値が低いほど電波の減衰が抑制されることを示す「比誘電率」が世界最小のガラス基板を使う。透明のため建物からの景観や車のデザインを損なわずに設置できる。

ガラス製の電波の中継装置も開発した。壁に設置して屋内と屋外の電波のやりとりを可能にしたり、電波の方向を変えたりすることができる。主流の樹脂製などに比べ、紫外線による劣化が少ないなどの利点がある。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン