/

パソナ系、京都・丹後産原料のクラフトビール

パソナグループで丹後地域の特産品の販売や加工を手掛ける丹後王国ブルワリー(京都府京丹後市)は23日、ホップや水などの主要な原料を丹後産としたクラフトビールの販売を始めた。京丹後市の道の駅「丹後王国『食のみやこ』」や電子商取引(EC)サイトで販売する。

発売したのはクラフトビール「TK100―セッションIPA」。丹後産のホップの香りを引き出し、ほどよい苦みを残した。アルコール度数を5%と低めにし、飲みやすさを追求した。麦芽など一部の原料は外国産だが、国内産の原料はすべて丹後地域のものを使っているという。販売価格は660円。

丹後王国ブルワリーはクラフトビールのほか加工食品の販売やホテル運営などを手掛ける。京都市中心部の錦市場で丹後地域の特産品を販売するアンテナショップも運営する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン