/

パナソニック、米ソフト会社買収を発表 7700億円で

think!多様な観点からニュースを考える

パナソニックは23日、製造・流通業向けソフトウエアを手がける米ブルーヨンダーを買収すると発表した。買収総額は71億㌦(約7700億円)。ソフトウエアの知見をパナソニックのハードと組み合わせ、モノ売り主体の事業構造からの脱却を目指す。

パナソニックは20年に860億円でブルーヨンダー株20%を取得した。取締役の派遣や日本での共同事業を通じて買収による相乗効果などを見極め、残る株式を保有する米ファンドのニューマウンテンキャピタルやブラックストーンと全株買い取りに向けた交渉を続けてきた。

ブルーヨンダーは製品の需要や納期を予測するソフトを手がけ、顧客企業の供給網を見直して収益改善につながる事業を展開する。売上高は19年度で約10億㌦(約1085億円)。顧客は英ユニリーバや米ウォルマートなど約3000社に上る。

パナソニックは企業向けシステム事業を中核のひとつに据える。ブルーヨンダーの完全子会社化で弱みだったソフトウエアの知見を補い、監視カメラなど自社のハードと組み合わせて一気通貫で企業に提供するソリューションビジネスを強化する。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン