/

この記事は会員限定です

兵庫・尼崎市、全市民情報入ったメモリー紛失 46万人分

業務委託先の社員が複製

(更新) [有料会員限定]

兵庫県尼崎市は23日、全市民約46万人の個人情報が記録されたUSBメモリーを紛失したと発表した。業務委託先の社員が、氏名や住所など住民基本台帳などのデータを市の許可なく媒体に複製して持ち出し、かばんごとなくしたという。自治体の全住民の情報が流出のリスクにさらされる事態は極めて異例だ。公的機関の管理する個人情報の流出などは過去にも相次いでおり、デジタル化が進む中、情報管理の徹底が改めて求められる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン