/

この記事は会員限定です

パナソニック攻めの巨額投資 「ええもん」作り生き残る

都市の針路 成長の底力②

(更新) [有料会員限定]

神戸市西部にある工業団地の一角に、パナソニックホールディングスのものづくり変革の最前線がある。ノートパソコン「レッツノート」の主力工場だ。在庫は2017年度比1割減、1週間ほどかかっていた需要動向などのデータ集計は1~2時間に短縮した。21年に8000億円規模を投じ買収した米ブルーヨンダーのソフトの成果だ。

レッツノートは少量多品種生産が強みだが、品種が約6万に膨れあがり、納期が延びるなどして販...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

都市の針路

2025年万博に向け、大阪・関西が動き出しています。魅力ある都市とは、絶えず新しいものが生まれ、そこで学びたい、働きたいと若者がやってくる「憧れの対象」です。長期低迷からの脱却をめざす都市の現状を描き、都市の進むべき道を考えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン