/

関西スーパー統合、差し止め維持 神戸地裁異議審

(更新)

関西スーパーマーケットエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)傘下の食品スーパー2社との経営統合手続きの差し止めを命じた仮処分決定について、神戸地裁は26日、関西スーパーの異議申し立てを退けた。食品スーパーのオーケー(横浜市)の主張を改めて認め、統合差し止めが維持された。関西スーパーは決定を不服として大阪高裁に抗告する予定だ。

関西スーパーは同日、「当社の主張が認められず誠に遺憾」とのコメントを発表した。同社は仮処分決定に先立ち早朝にH2O子会社との株式交換を当初予定の12月1日から15日に2週間延期すると発表。司法の場での対立が続いており、1日の手続き完了は難しいと判断した。

関西スーパーの株主総会は10月29日に裁判所が選任した総会検査役の立ち会いの下で開催され、同社とH2O系スーパー(イズミヤ・阪急オアシス)の統合に関する株式交換議案が可決に必要な3分の2をわずかに上回る66.68%の賛成で承認された。

異議申し立ての審理の争点は、投票終了後に投票内容を株主の要望に応じて「棄権」から「賛成」に変えた手続きが妥当か否かだった。株主総会では、マークシートを白紙で提出すると、棄権として取り扱うと会場でアナウンスしていた。

22日の神戸地裁の仮処分決定は、総会の手続きについて「決議の方法に法令違反または著しい不公正がある」とオーケー側の申し立てを認めた。

この決定を不服として、関西スーパー側は24日、神戸地裁に異議を申し立てた。「申し立てが認められる理由はなく、直ちに是正されるべきものだ」とのコメントを公表していた。神戸地裁が改めて審理したが、関西スーパーの主張を再び退けた形だ。同社は大阪高裁に抗告する予定で、統合計画の可否は三たび、司法の場で争われる見通しだ。

オーケーは関西スーパーの第3位株主。関西スーパーに買収提案をしており、総会でH2O系との統合が否決された場合はTOB(株式公開買い付け)をする方針を示していた。仮処分申請後の17日、最終的に司法判断で統合差し止めが認められた場合、関西スーパー株の上場来高値である2250円でTOBする方針を示している。

(安田龍也、蓑輪星使)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン