/

この記事は会員限定です

浪速工作所、「小さな缶詰工場」導入支援 飲食店などに

[有料会員限定]

金型・設備製造の浪速工作所(堺市)は中堅・中小の飲食店などを対象に、缶詰製造の支援事業を始めた。同社が開発した缶詰製造機などの設備導入や工場建設、技術指導、保守などを一括して請け負う。飲食店などが自社の料理や食材でオリジナルの缶詰を開発、生産できるようにして販路拡大を後押しする。初年度に5億円の売り上げを見込んでいる。

同社は2020年に数値制御(NC)方式の缶詰製造機「CANメーカー」を開発。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り659文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン