/

この記事は会員限定です

堀場製作所、りゅうぐう分析に参画 太陽系起源を解明へ

[有料会員限定]

堀場製作所が小惑星「りゅうぐう」の試料の初期分析プロジェクトに参画する。2020年12月に探査機「はやぶさ2」が地球に持ち帰った砂などを、同社の分析装置を使って解析。元素や分子構造を明らかにする。計測機器メーカーとして培った同社の技術が太陽系や生命の起源のヒントを探る手立てになる。

分析は子会社の堀場テクノサービス(京都市)が実施する。同社が所属するのは試料の組成や化学的な性質を明らかにする「化学分析チーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン