/

この記事は会員限定です

システム開発丸投げ脱却 小林製薬や良品計画、DX急ぐ

[有料会員限定]

企業がシステム開発をIT(情報技術)会社に丸投げする慣行から脱却し、自前で開発する動きが広がっている。IT技術者を増員して電子商取引(EC)アプリなどを内製化し、デジタル事業の拡大につなげる。日本企業は内製化比率が低いことがデジタルトランスフォーメーション(DX)遅れの一因とされてきた。IT業界の慣行も変わる可能性がある。

小林製薬は2022年に専門のIT人材を30人と現在の2倍に増やし、システ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン