/

都、酸素ステーション開設 24時間態勢で重症化阻止

新型コロナウイルス感染者を一時的に受け入れる酸素ステーション。手前は酸素を投与する酸素濃縮器(21日、東京都渋谷区)

東京都は23日、救急搬送を要請した自宅療養中の新型コロナウイルス感染者が酸素投与を受けられる「酸素ステーション」の運用を始めた。旧国立児童館「こどもの城」(渋谷区)に130床を設置し、24時間態勢で受け入れる。療養者の重症化予防や救急隊、保健所の負担軽減が狙い。

酸素ステーションには医師3人、看護師25人が常駐。救急隊が軽症と判断した感染者を医師が診察し、酸素を投与する。症状がさらに悪化すれば入院を検討し、軽快すれば帰宅してもらう。1、2泊の短期滞在を想定している。

都内では自宅療養者と療養先の決まっていない患者が22日時点で計3万9千人を超え、支援の拡充が急務になっている。都は都立病院などでも今月中に計110床程度の酸素ステーションを整備する方針。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン